2014年05月19日

GWからご無沙汰していました!!

 本日、5月19日(月)になってしまいました。
 私の不注意で、ゴールデンウィークの最終日5月6日(火)に卒業生とポタリング中に自転車事故を起こしてしまいました。港区の名古屋港ワイルドフラワーガーデン「ブルーボネット」を自宅(日進)から卒業生と一緒にめざし、お花に囲まれて、ツーショットの写真を撮ったり、スペシャルランチを食べた後、岐路の途中で自分の急ブレーキを握ってしまい、頭から転倒、かなりの出血と共に、鎖骨骨折をしてしまいました。事故直後にはこのような事態になっているとは思っていなかったのですが、救急車で運ばれ、翌日にはかなり鎖骨あたりが痛みました。
 最終的には、9日(金)午後3時30分に病室を出て、午後7時30分に病死に戻ってくると言う、4時間ほどの大手術になったようです。担当医の先生の手際よい、適切な処置によって、鎖骨はしっかり接合することができたようです。さすが、全身麻酔での手術でもあり、翌朝までかなりハードな(痛い)状況を過ごしました。手術の時間は1時間か1時間30分ぐらい、1泊2日で帰られるでしょうと、担当の先生は話されていたのですが、結果的にはなかなか難しい手術になってようです。結局、翌日土曜日ももう一泊宿泊し、翌日の10日日曜日の午後2時に、無事に退院することができました。
 あれから、1週間、頭は、イスラムハットを準備して、三角巾もつけて、過ごしました。昨日まで、土曜日と日曜日、家内に運転をお願いして、清里まで出かけ、秋に出版の予定をしている「インタープリタートレーニング」の編集会議を行ってきました。少し、ハードな二日間になったので、手術後の状況が少し心配になっていました。
 しかし、本日、担当医の外来診察があり、レントゲンを再度受け、手術後の様子も問題なく、手術後のあとに残り糸も無事に抜いてくださいました。手術から10日間たち、なんとか日常生活が送れる体になったことに、いろいろな方に感謝です。
 日々の生活をすべて介助してくれている家内はもちろんのこと、適切な手術をしてくださった医師団、その手術をサポートしてくださった麻酔の方、看護師さんたち、夜を徹して加除してくださった看護師さん、事故当時、救急車を呼んでくれた卒業生、車で通過中で止まってティッシュなどで応急手当をしてくださった方、授業をサポートしてくださった学科の先生、TAのスタッフ、そして、ゼミをはじめ多くの学生たちの支援、きりがないほどの方々の支援のもとで、今日までの治療にあたることができました。研究会等では、JIEL研究員の皆さんにも、多くの支援をいただきました。
 感謝感謝の日々でした。
posted by つんつん at 19:17| Comment(2) | TrackBack(0) | オフタイム