2014年07月21日

プロセス・エデュケーションが必要な訳(06)

 人間関係とは何か?また、私とは誰か?といった問いに答えるために、いろいろな回答が可能かもしれない。しかし、私のアイデアには、人間関係とは、私という人間、あなたという人間を誕生させる場として人間関係があると考えがあります。他者と出会うことによって、私は誕生し、その他者との関わりを通して、私が育つと考えています。また、逆に、わたしとの関係で、あなたが生まれ、あなたを育てていくことになるのです。このことは、関係的存在としての私であり、あなたである。人間であると考えています。
 この話は、下記のURLのYOUTUBEにてミニレクチャーとして語っています。よろしければ、ご試聴ください。
 https://www.youtube.com/watch?v=C0PdcBOBYec
 それゆえ、関係を通して自分を発見し、理解することができるといった考えの基では、人と出会う場を作り、そこで自分の姿を内省したり、他者の姿を観察したりしながら、人間理解を深めていく学びの場が必要になるのです。この場づくりがプロセス・エデュケーションの核となる考えです。

process-edu.jpg
posted by つんつん at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | プロセスエデュケーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101860411

この記事へのトラックバック