2011年04月02日

本日、人間関係プロセス論のミーティングと大学院教育ファシリテーション専攻のガイダンス

4月2日。昨日の南山大学の入学式。

そして、今日は、大学院人間文化研究科教育ファシリテーション専攻のガイダンスが、午後4時から開かれました。大学院での院生の研究室の使い方を先輩の院生から案内があり、その後、教務担当の教員をはじめ、専攻主任から、4人の入学生を対象に説明が丁寧に行われました。

授業も、5日(火)からスタートであり、授業登録もかなりのハイスピードで決めなければいけません。また、学部の授業のアシスタントとしての働きをしながら、院生として学ぶTA(Teaching Asistant)制度に応募して、学ぶシステムもあります。
何人か、手を挙げてくれました。

午前中は、人間関係プロセス論のプレスタッフミーティングを開きました。
2人の院生と、3人の研修生が、TAとして応募してくれています。

グループのプロセスに気づき、メンバーやグループに意識的に働きかけをしながら、ファシリテーションをまなぶといった学部の授業です。
院生のTAはもちろんのこと、大学院修了後も研修生となって、TAの職を買ってくれている修了生がいます。本当に感謝です。

こうした修了生が居る限り、少しでも、彼らにも学びとなる学部の授業になることを願っています。とにかく、挑戦をし続けながら、学生とTAとそして私の学びを探求し続けたいものです。
posted by つんつん at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | プロセスエデュケーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44114410

この記事へのトラックバック